リフレクソロジーとは
リフレクソロジーの歴史
リフレクソロジーはいつ何処で誰が始めたのかというのは、はっきり言うことはできません。というのは調子が悪い時足や手を押すということは中国、エジプト、インド、アメリカなど昔から世界各地で行われていたからです。誰に教えられることでもなく、自然と身についていた知恵だったのです。


リフレクソロジーが昔から行われていたことを示すものとして、エジプトには手と足のマッサージを受けている約4500年前の壁画が残っていますし、インドのアーユルベーダの中には、足のマッサージで身体の不調を改善させるとの記述があります。また、中国古代の医学書「黄帝内経」の中には、観趾法という足のつぼを利用した施術法の記述があります。
 
リフレクソロジーが今のような形態に確立されたのは19世紀初期です。
アメリカ人医師ウイリアム・フィッツジェラルド博士がゾーンセラピーをはじめ、近代リフレクソロジーの基礎を築きました。博士は身体の一部分への刺激が身体の関連する部分に作用し、その器官に影響を与えるということを発見したのです。
そしてアメリカの物理療法師イングハム女史がこの考えをおし進め、リフレクソロジーの理論と技術を確立したのです。それは「足の反射療法」の原典とまでなっており、現在にまで至っております。

リフレクソロジーとは・・・
足や手にある反射区を刺激して、人間の体に本来備わっている自然治癒力を呼び起こし、自分自身の力で体調を整え、健康を維持させるのがリフレクソロジーです。

リフレクソロジーはゾーン理論に基づいています。ゾーン理論では、10本ずつのエネルギーラインが頭のてっぺんから爪先まで走っており、それぞれのゾーンに刺激を加えることによって全身を間接的に刺激できると考えています。健康な状態では、これらのゾーンにエネルギーが滞りなく流れていますが、体調が狂うとエネルギーの流れが滞り、さまざまな不調があらわれます。

リフレクソロジーには、エネルギーの流れの滞りを除去したり、予防する働きがあります。

リフレクソロジーの作用
・全身の血液の流れを促進します
・自然治癒力が回復・増進します
・身体の老廃物の排泄を促します
・エネルギーの流れを高めます
・新陳代謝が良くなります

リフレクソロジーの目的
リフレクソロジーの第1の目的はからだの循環機能を促進し、体内の老廃物の排泄を促して、肝臓、腎臓、腸などに毒素がたまって害を及ぼすのを防ぐことにあります。その上血流の中で、脳からのエンドルフィン(体内の鎮痛物質)の分泌を促進することにより、痛みの感覚を制御する作用があります。

ただし、リフレクソロジーが効果を最大限に発揮するのは、特定の症状を治すと言うよりも、からだ全体を癒そうとするときです。からだが持っている自然治癒力をより早く、かつ効果的に引き出すことができます。

リフレクソロジーの原理
 
足の先から頭までを縦に伸びた10種類のエネルギーゾーンに分け、そのゾーンごとに、体の一部へ刺激や圧力を加えることで各器官への影響を研究した施術法のテクニックを基盤としています。

推拿の歴史と特徴について

推拿の歴史とその特徴や効果、適用範囲についての紹介です。

よくある質問

当学院へ多く寄せられる質問についてはこちら

当学院と関係の深いサイト

  当学院の提携先、または卒業生の就職先、開業した方のお店のHPを一部紹介しています。

会社(学院)のご案内

当学院の所在地及び案内図、連絡先についてはこちら

お問い合わせ

当学院への各種お問合わせはこちら

inserted by FC2 system